快適工房 しんたなか の家づくり

「間取り」「安心・安全」に徹底的にこだわります

しんたなかが考えるリノベーションと家づくり

環境負荷の軽減と住みやすさの両立

あなたの大切な家を環境負荷の小さな家にリノベーションすることで家の性能を向上させます。
そうすることで地球環境の保全に寄与し、明日を担う子どもたちへ豊かな自然を引き継いでいく。
それが我が社の使命です。

一般的な住宅会社の多くは、一つの物件に対して「担当者」が数名つきます。営業担当や設計担当、工事が始まる前には工務担当、さらにアドバイザーまでが打ち合わせの席に同席することもあります。
プランニングや打ち合わせの時はいいのでしょうが、実際に工事が始まると工務と棟梁にほぼすべて任される場合が多く、細かなニュアンスがずれて伝わってしまうことも多いと聞きます。

しんたなかは代表の田中が一人でプランニングからご契約、工事、その後のメンテナンスまでを一人でこなします。

ですので言った、言わない、伝わっていない、が(ほとんど)ありません。

とは言え、私一人で進めていくため、どうしても多忙を極めると時々記憶が危ういときもありますので、そんなときはご遠慮なく

「そこはもう少し○○したい」「すいません、やっぱり△△したいのですが…」
「□□、忘れていませんか?」

と、何でもおっしゃってください。

株式会社新田中 田中邦和家づくりは、人生の道のりと同じようなものだと思います。

今の位置から見える風景、でも、その先の角まで行けばまた違った風景が見える。
今の高さから見える風景も、階段を一段上がると違った風景に見える。

言い換えると20代には20代の生き方があり、それぞれの家づくりがある。
30代には30代の、40代には40代の。
子育てを終え、夫婦二人の時間を過ごすようになったからこそ見えてくるもの、こと、価値観。
ゆえに50代には50代の家づくりがあるのだと思います。

自分の歩いてきた人生の道のり、価値観を大切にするあなたのお手伝いをする、と言う立場を大切にします。

どんなご計画でも、お客様一人一人の深く熱い思いがあるはずです。
どうぞその思いのすべてを私におっしゃって下さい。
私自身がその「思い」を深く理解するからこそ、お客様の思いが叶うべく最大限の想いでお手伝いできます。
なぜなら私が社内で最高決定権者なのですから。

株式会社新田中 代表取締役 田中 邦和

しんたなかは 家族が健康に、そして笑顔で安心してすごせる生活空間を創造していきます。
「家は心も身体も健康にし、さらに生きる力がみなぎってくる空間であれ、と願います。

しんたなかは「間取り」にこだわります

それぞれの家族に、生活に合った絆が深まる間取り

家族の絆が深まる間取り

家づくりでまずこだわるところは「間取り」です。
それぞれの家族に合った、生活に合った間取りにすることがとても大切です。
そして、もう1つ、新田中がご提案するのは「家族の絆が深まる間取り」です。

1つの例ですが、最近よく耳にする凶悪な犯罪。
その犯人が育った家とは、言い換えるとその人格が形成された家。
そんな家の間取りを見ると、いくつかの共通した「問題点」があります。
それは間取りです。

・子どもが部屋にいるのかいないのかつかめない。
・友達が遊びに来ても「どんな」友人で「いつ来て、いつ帰ったか」さえもつかめない。

そんな間取りの家が多いのです。
完結に、一言で表せば、「団らんの場がない」のです。

玄関から独立した個室へ直行できる。
そこからトイレやお風呂へ誰とも顔を合わさずして行くことができる。
そして、玄関から出ていく。
今では食べるものはコンビニやファーストフード店で手軽に済ませることもできるわけですから、同居人の家族としてもまったくつかめない生活も可能です。

そこで、私たちは「家を建てて子どもを失う」のではなく、今まで以上に家族の絆が強くなる!深まる!そんな、子育てにも良い考え方をおすすめしています。

古来から伝わる風水の考え方も積極的に

日本には「風水」や「家相」という考え方があります。
日本の「風水」「家相」は日本独自のものであり、近年誕生したものです。
新田中が学んだ「風水」は中国に古来から伝わり、暮らしの中で得られたたくさんの経験と知識を統計学に基づいた形で住まいに活かすものです。
周囲の地形や住んでいる人の運などを把握し、その土地のエネルギーと建物のエネルギー、住む人のエネルギーを計算し、バランスを考え、相性を分析した上でよりよい環境作りに役立てます。
新田中では住まい手さまのプランニングなどに風水を活かし、住まい手さまが引っ越し後も安心して生活できる住まい環境を提供します。

しんたなかは「安心・安全」にこだわります

安心・安全のために保証や工法にも気を遣います

充実の保証で購入後も安心を提供

家を建てるに当たり、もちろん建てていく過程での保証、完成後の保証を気にされる方がほとんどだと思います。

新田中は、全ての家に3大保証(地盤保証、10年瑕疵保険、工事総合保証)をお付けしています。
それぞれ大切に住まわれる家にとって、新田中が厳選したとても重要な保証です。

地盤保証

家を建てるのにとても重要となるのが「地盤」です。地盤が弱ければ建てた家が傾いてしまいかねません。
新田中は工事着工の前に地盤調査を行います。調査の結果、改良の必要がある地盤であれば改良工事を行い、建築に問題が無い地盤にした上で、保証をかけています。

瑕疵(かし)保険

瑕疵とは「建物に対して、施工後一定期間内に起きた不良や不具合」の事を言います。
もしも、そのような事態が起きてしまった場合、速やかに改修ができるよう、こういった保証を付けています。
(瑕疵担保履工法が制定された平成21年10月以降引き渡しの物件には、全て10年間の保証を付けることが義務化されています)

工事総合保証

工事中の事故や災害にて生じた損害、施工が原因で生じた損害を補償する保険制度です。
万が一、トラブルが発生した場合、住まい手様へのご迷惑を最小限に抑えることができる保障です。
また、24時間受付のあんしんホームレスキューというサービスを行っています。
何か住宅のトラブルが発生した場合、お電話頂ければすぐに対応致します。

自然素材にこだわるもう1つの理由

自然素材、というと、シックハウス症候群や化学物質過敏症の方への影響が大きく捉えられがちです。
もちろんそれもメリットとしては大きいのですが、もう一つのメリットは、万が一、火災が発生した場合でも有毒ガスが発生しません。
ですので、安全に逃げることが出来る可能性が非常に高くなります。
万が一、の事を考えて家を建てる、これも大切なことです。

いくつかの工法を準備

新田中では長年の経験とたくさんの実績から、スーパーウォール工法など住まい手さんが希望される家に適する工法をご提案しております。
それぞれ耐震診断など、しっかりとした基準を設けております。
工法についても是非ご相談ください。
スーパーウォール工法の詳細についてはこちらをご覧下さい。