お庭の話   植栽計画  外構工事  シンボルツリー 

リノベーションモデルハウスのご紹介
2020年6月3日
実りの秋 頭を垂れる稲穂かな  挨拶
2020年9月1日

お庭の話   植栽計画  外構工事  シンボルツリー 

間取りやデザインなどのお話はあちこちでよく聞きますが

今日は珍しくお庭のお話を。

 

山際の霞が上がっていくのを見て

もう落ち着くかな?と思いきや

また降っていますね。

 

梅雨時の大雨、豪雨、珍しくなくなってきました。

 

それにつれて、お庭の排水計画

雨水の排水計画も気をつけねばなりません。

 

雨水がたまらずにきちんと流れていくのか?

桝は詰まっていないか?

 

なかなか見落とし、忘れられがちな点です、が

5月の連休を目安に年に一度はお掃除してみて下さいね。

 

大雨の時は仕方ないですよ!

 

ではなくて、それを想定したアドバイスをしてくれる業者さんの方が

安心して任せられますよね。

 

とは言え、ご予算あってのお話ですので、本当は

すべて信じて話し合える、そんな関係が一番大切なのです。

 

さてさて、我が家のお庭のお話を。

 

シンボルツリー!

 

なんかすごく良い響きですね。

我が家のシンボル!

 

11年目の我が家には「シマトネリコ」が植えられています。

 

何もしなくていいし、葉が茂ると日陰になるし

枯れにくいし、とにかくかっこいいですよ!

 

と言われ植えたこの木。

 

それはそれは大きく育ってくれました。

 

夏になるとね、なるんです!

 

せみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見えない?

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場は大量になりますので、昼間はさみしくありません。(笑)

 

全景はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常緑樹ですが、葉が生え変わります。

つまり、すべての葉が落ちます。

 

白いのは花で、花弁が落ちます。

 

お掃除すると、良い運動になります。(笑)

 

根っこも元気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートの土間を引き起こしてくれるので

見ていてとてもたくましいです。

 

家内がこの段差に躓いて、花壇のレンガであごを強打し

痣が半年ほど残りました。

 

おかげで小人さんをおいてあげました。

 

 

 

 

 

 

 

8センチほどの段差が、何センチくらいまで大きくなるか

楽しみです (笑)

 

ちなみに、10~15mくらいまで伸びるって、ご存じですか?

 

3階建ての家の屋根のてっぺんより高いです。

 

上に伸びないように頭を切ると、横に伸びます。(笑)

 

毎年、剪定してもらいます。

 

手がかからず、ほおっておくだけでいいし

かっこいいし・・・・・・・・・・

 

 

ほぉ。

 

毎年剪定(有料です、当然)してもらって、これだけで抑えられています。

 

剪定だけだと茂りすぎて手のつけようがなくなるから、と

幹を一本切ってもらっています、が、これほど元気です。

 

この木を勧めてくれた人はもういません。

 

私は絶対にこの木はお勧めしません。

 

現場から生の声でした(笑)